Windows7をお使いの企業の皆様へ ~今すぐお伝えしたい大切なお話~

パソコンサポート情報
 






Windows 7は2009年にリリースされ、5年間のメインストリームサポート期間を経て、現在は延長サポートが適用されているOSになります。しかし、来る2020114日(米国時間)をもってこの延長サポートが終了となるアナウンスが、既にマイクロソフトより正式発表されています。追加の延長(再延長)はなく、これが最終期限。まさにデッドラインとなります。
Windows 7のサポートが終了することで、以降Windows 7搭載パソコンをお使いの皆さまは、マイクロソフトから提供されるセキュリティ更新プログラムや有償サポートを含む、全てのサポートが受けられなくなります。移行には準備が必要です。サポート終了に備え、Windows 10への移行をご検討下さい。

 



 

一番の影響は、セキュリティ更新プログラムの配信終了です。
普段パソコンを使っていると、画面上に更新プログラムのお知らせが出てくることはありませんか? 実は、皆さんが普段使用しているパソコンは、マイクロソフトによって守られています。OSにセキュリティ上の問題や脆弱性が発見されると、マイクソロソフトがそれに対する対策を講じ、最新のOSとしてバージョンアップを行うことで、皆さんのパソコン環境を安全に保っているのです。また、新種のウイルスに対策を講じたセキュリティパッチの配布など以外にも、新たに開発されたツール・機能の提供なども行ってくれています。
つまり、自動更新プログラムは、安心・安全・快適にWindowsパソコンを使い続けるうえで非常に重要なプログラムであり、OSサポート期間内であれば、上記のようなマイクロソフトからオンライン経由で提供される自動更新プログラムが受けられるのです。

Windows 10へ移行をお考えのお客様は弊社営業部までお問い合わせ下さい!!!

パソコンサポート情報
パソコンサポート情報